子供の素行調査

素行調査 探偵素行調査 料金0120-717-752

子供に関する素行調査

親御様からご依頼で子供の素行や交遊(交友)関係調査、結婚相手の調査(結婚調査)など多数寄せられます。近年、学生など子供が犯罪にまきこまれるケースが増加傾向にあります。この為、大切な子供をもつ親御様は子供の交際相手や交友関係など気になる方が増えたのでしょう。

子供の家出

子供の家出はほとんどが警察で一般家出人(当人に家出の意志があって行方をくらました場合)として扱われます。
これに対しては「警察では積極的な調査・捜索活動を行わない」と考えた方が良いでしょう。

基本的に、警察本部のコンピュータのデータベースに家出人の写真、情報等が登録され全国の拠点で閲覧が可能となります。

つまり、日々のパトロール、少年補導、交通取り締まり、住民の自発的な情報提供などによって発見されることになるのです。

なお、この届出をするときには「生存連絡のお願い」を同時に行うことが必要です。(家出人が発見された場合は警察からの連絡が入ります)

家出人捜索願を提出しても事件性がない限り警察は家出人捜索になかなか着手しないのが現状です。
当社は、家出人発見の為、全力で調査・捜索致します。


子供のプチ家出

プチ家出とは家出の期間が短く、親と携帯電話で連絡を取れる状態にしているためか家出をする子供、親ともに「家出」という感覚は薄くただの無断外泊のようにも捉えられがちです。

家出の原因は多くは「両親が厳しすぎる」、「家族がバラバラ」、「兄弟と差別されている」など家族への不満が根底にある可能性が大きいようです。


プチ家出の危険性

問題なのは子どものみならず親もこれを「家出」とは認知していないことなのです。「連絡を入れてくれたから」と親も安心し決して警察に家出人捜索願など出さない・・・。

しかし、危険の本質は家出と大差ありません。プチ家出を繰り返すうちに非行や犯罪行為に走るケースも多くホストクラブに入り浸り費用捻出のために援助交際に走った例も珍しくはないのです。

また、「プチ家出」が非行や犯罪に走るきっかけになり事件や事故に巻き込まれる可能性も高いのです。


子供の犯罪率

犯罪の若年層化が近年、上昇傾向にある。殺人・強盗などの凶悪犯罪については犯罪少年(若年者)の人口が平成8年以降急激に上昇している。
特に16,17歳の中間少年層の上昇傾向が顕著である。

少年では路上強盗が増加し強盗の共犯率は成人に比して高くかつ上昇しており動機は遊興費充当/小遣い銭欲しさが大半を占めているほか無職少年とともに高校生が増加傾向にある。

このような背景には親の指導力低下や無職少年の増加,少年の意識における変化のほか深夜営業飲食店等の増加等少年を取り巻く環境の変化がある。


出会い系サイトの実情

18歳未満の児童が携帯電話やパソコンからアクセスした「出会い系サイト」を利用して犯罪に巻き込まれるといった事件が多数発生し社会問題となっています。「出会い系サイト」に関連した事件の被害者の大半は18歳未満の児童です。

特に援助交際と呼ばれる18歳未満の児童が被害者となっている買春事件が多くその他にも強盗・強姦等の凶悪な犯罪に巻き込まれる事件も多く発生しています。


出会い系サイト規正法

「出会い系サイト」の利用をきっかけとして、18歳未満の児童が犯罪被害に遭うことを防止する為、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」(通称「出会い系サイト規制法」)が、平成15年9月13日より施行されました。インターネット上の掲示板等に、以下のような投稿(書き込み)をすると罰則の対象になります。

(1)児童を性交等の相手方となるように誘引すること
     (児童に「性交渉」を持ちかけること)
(2)対償を示して異性交際の相手方となるように誘引すること
     (児童に「金銭等を伴う異性交際」を持ちかけること)
(3)人を児童との性交等の相手方となるように誘引すること
     (人に児童との「性交渉」を持ちかけること)
(4)対償の受領を示して、人を児童との異性交際の相手方となるように誘引すること
     (人に児童との「金銭等を伴う異性交際」を持ちかけること)
「児童」とは18歳未満の者を指します。

これらに違反すると・・・100万円以下の罰金(第6条、第16条)、児童は少年法の規定により家庭裁判所に送致
◆児童が不正な書き込み行為をしても、罰則の対象になります!
◆金銭等を示せば、「異性交際」を持ちかけただけで違反になります!
◆成人・児童に関わらず、罰則の対象となっています!

※事業者に対しても
1.児童の利用禁止の明示(第7条)
2.児童でないことの確認(第8条)等の規制がなされます。
※保護者や国・地方公共団体に対しても児童による利用防止のための努力、必要な措置が求められます。(第4条、第5条)



0120-717-752

探偵コレクト素行調査室トップ / サイトマップ

子供の交友関係、交際相手の判明調査を始め子供の家出やイジメや犯罪などを格安料金で調査する素行調査は探偵コレクト東京にご相談ください

素行調査リンク1 / 素行調査リンク2 / 探偵 / 探偵 埼玉 / 浮気調査 / 探偵